関節水腫で悩んでいる方向け解決サイト

main_top_over_navi

関節水腫の代表的な治療法

医者

代表的な関節水腫の治療法として、膝関節に溜まった関節液を抜くことです。関節液を抜くことで骨膜への刺激が無くなり、痛みを抑えることが出来ます。

「膝関節の水を抜くと癖になる」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、決してそのようなことはありません。

関節液が溜まっている状態が続くと、膝関節の軟骨にダメージを与えてしまうので、まずは関節液を抜くことが大切です。これは一時的に痛みを抑えるだけなので、その後に関節水腫の原因の治療を行います。

関節水腫の原因を治療する

薬物療法によって関節水腫を治療することが出来ます。湿布や軟膏、クリームなどの非ステロイド性抗炎症剤や、ステロイドの注射を行います。副作用の少ないヒアルロン酸の注射も使われます。

外用薬だけでなく、内服薬や座薬なども使用する場合があります。

薬

膝関節を温めて血行を促進させて痛みの原因を取り除く、温熱療法も行われます。電気や超音波で膝関節を温めます。

さらに温熱療法は筋肉や膝関節のこわばりを取り、膝関節をスムーズに動かせるようになります。

薬物療法や温熱療法でも関節水腫が改善されない場合は、炎症の原因を取り除く手術療法を行います。代表的な手術療法は、膝関節の軟骨やカケラを取り除く、膝関節を人工関節に取り替える、膝関節の骨を切り取って矯正する、などがあります。

原因を治療することで関節水腫は引いていきます。他の病気が原因で炎症が起きていることもあるので、そのような場合は病気の治療も同時に行います。

関節水腫の手術療法

関節水腫にはいくつかの治療方法がありますが、そのひとつとして手術療法があります。関節水腫が進行して日常生活に支障が出たり、骨のすり減りが激しい場合に手術療法が行われます。

関節鏡視下郭清術

これはそれほど大きく切開をしないので、身体に負担のかからない手術です。

開節鏡という内視鏡ですり減った軟骨やお皿のカケラを取り除きます。このカケラを取り除くことで炎症を抑えることが出来ます。

手術は1時間ほどで終了し、術後に効果が現れ、術後10日ほどで日常生活に復帰することが出来ます。これだけ手軽な手術ですが、残念ながら完治しない可能性があります。場合によっては再発をする可能性があるのです。

また、手術をしても十分に効果が現れないこともあります。

人工関節置換術

膝関節が変形や破壊されてしまい、他の手術では改善が見込めない場合にこの手術が行われます。原因になっている膝関節の軟骨や骨の一部を取り除いて、金属やポリエチレンの人工関節と取り替える手術です。

完治まで1ヶ月ほどかかりますが、痛みを完全に取り除くことが出来ます。リハビリも短期間で済みます。

しかし、人工関節には寿命があるので、永久に効果があるわけではありません。膝関節の可動域が限られるので、主にスポーツなどをしない高齢者に行われる手術です。

高位脛骨骨切り術

O脚が原因で痛みがある場合にこの手術が行われます。スネの骨の一部を切り取って骨の向きを変える手術です。

高い治療効果がありますが身体的な負担も大きく、リハビリに時間がかかってしまいます。膝関節の可動域はそれほど改善されません。

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 関節水腫の治療ナビ All Rights Reserved.